惣太郎

「丹波大納言」に「栗きんとんの富士山」をいれた、最高級のお菓子です。
画家でもあった、初代「惣太郎」が愛した富士山をイメージして創られました。明治にの終わり、大竹屋はこのお菓子で「ユニークなお菓子を作るお店」として評判なりました。